<がん遺伝子治療>症例 60代女性 膵臓がん 多発性肝転移 SNS

2 Просмотры
Издатель
【がん遺伝子治療症例の紹介】
当院で実施している「がん遺伝子治療(CDC6 RNAi 療法)」は、
がんの種類や進行度を問わず治療効果が期待でき、
治療によりQOLを損ねるような副作用がないことから、
患者さんの「尊厳を保つがん治療」として提供しています。

進行がん・再発がん・転移がんなどの難治例でも
根治に至った症例があるので、
これからのがん治療としても期待できる治療法と評価しています。

【がん遺伝子治療】症例 60代女性 膵臓がん 多発性肝転移

2022年7月に心窩部痛訴えあり、
他院にて造影CT実施したところ
膵体部腫瘍を指摘された。
まもなく急激な多発肝転移を来した。

進行の早いタイプの膵臓がん、
ステージⅣに対して9月末から化学療法開始となったが、
患者さんやご家族が化学療法では病勢を抑えられないと判断し
遺伝子治療の併用を希望。

化学療法の開始と共に遺伝子治療を集中的に実施。
遺伝子治療開始1か月で劇的な病巣の縮小を確認。

現在も遺伝子治療を継続中。

(この症例の詳細はこちらから: https://onl.tw/3Kf7xhT)

遺伝子治療は、手術/化学療法/放射線治療などの
標準治療や免疫療法を含む代替医療との併用も可能です。
オンラインカウンセリングも行っています。

患者さんやご家族の方々、
どうぞお気軽に北青山D.CLINICまでお問い合わせください。


<がん遺伝子治療が分かる 動画視聴人気TOP3>
◆1◆「がん遺伝子治療のメカニズム」
https://youtu.be/yu3Ve2uylQI
昨今、遺伝子治療を検討される方またはそのご家族が、
医師や製薬メーカー勤務の方など、
医療について高い知識のある方が多くなり
専門性の高い説明を行う機会も増えています。
やや専門的な内容です。
◆2◆「がん遺伝子治療が選ばれる理由」
https://youtu.be/Me6e0G5OLTA
なぜがん遺伝子治療が選ばれるのか?
治療メカニズム、治療適応と成績、
今後の課題、患者様やご家族の声を紹介。
◆3◆「がん遺伝子治療(RNA干渉療法)実際の症例」https://youtu.be/pxMxPWkIgc4
スキルス胃がん、肺がん、乳がん、胸腺がん、
悪性組織球症など、がん遺伝子治療が奏功した
様々な症例を紹介。

【お問い合わせ先】
北青山D.CLINIC 
(表参道駅より歩7分、外苑前駅より歩5分)
東京都渋谷区神宮前3-7-10 ARK WISE BLDG. 
TEL 03-5411-3555
(月~土 10:00~18:00)


#北青山Dクリニック #遺伝子治療 #RNA干渉
#がん治療 #癌治療 #スキルス胃がん #スキルス胃癌
#胃がん #胃癌 #大腸癌 #大腸がん #膵臓癌 #膵臓がん
#乳癌 #乳がん #肺癌 #肺がん #前立腺癌
#前立腺がん #卵巣癌 #卵巣がん #子宮癌
#子宮がん #尿路癌 #尿路がん #腎臓癌
#腎臓がん #膀胱癌 #膀胱がん #悪性組織球症
#ステージ4 #BSC #治療効果 #症例
Категория
Рак Молочной Железы
Комментариев нет.